知らずに恥をかいている!?結婚式参列時の服装マナー

Pocket

知らずに恥をかいている!?結婚式参列時の服装マナー

  30

友人、会社の同僚に先輩、親戚など結婚式にお呼ばれする機会が増えてきていませんか
「まだ結婚式に参列したことがない」という方も、結婚式に参列する際の服装のマナーを知っておくことで、
周囲から白い目で見られずに済みます。
新郎新婦を気持ちよく祝福するためにも、結婚式に参列するための服装には気をつけたいところ。

そこで今回は、結婚式に参列する際の服装のマナーについてお伝えしましょう。

結婚式に参列する場合、服装の色のマナーは?

31

「結婚式に参列することになった!」となれば、悩むのが服装ではないでしょうか?

NGなカラーは、ホワイトオフホワイトなどの白系が真っ先にあげられます。
理由は皆さんもお分かりのように、白は花嫁の特権だからです。
またクリーム色、淡いピンク色なども写真写りによっては白っぽく見えてしまいます。
避けた方が無難と言えるでしょう。

また、新婦がお色直しでカラードレスを着る場合は、同じ色にならないように気をつけましょう。
バイカラーのドレスは「別れ」を連想させてしまうので避けた方が良いでしょう。

結婚式に参列する際、服装のマナーとしては単色無地ということを頭に入れておきましょう。

また、黒いドレスやスーツを着る際は、小物で華やかさをプラスするようにしましょう。
黒だけですと、不祝儀を連想させてしまいますし、黒いドレスばかりだと会場の華やかさが欠けてしまいます。
ヒールの色を赤にする、銀糸が入っているスーツにする、などお祝いの席ということを意識して選ぶように
しましょう。

主役は新郎新婦のお二人です。
そのお二人を引き立てる服装や、華やかな雰囲気が出る服装を心がけましょう。

夜と昼では服装のマナーは違う!

32

参列する結婚式や披露宴の時間帯によって、服装のマナーは異なります。

しかし共通して言えることは、体のラインが強調されるようなタイトすぎるドレスや、短い丈のドレスなどです。
参列した結婚式や披露宴で太ももが露わになるようなドレスの丈はオススメ出来ません。

また、ファー素材革素材、ヘビ皮などの爬虫類系のドレスや小物、羽織物はマナーとしてNGです。
理由は「殺生」を連想させるためです。ファーなどは流行もありますが、マナーとしては避けた方が無難です。
ファーについたホコリや毛などが食事の際に飛んでしまっては、衛生的に問題がありますよね?

ただし、カジュアルな雰囲気の式や披露宴では、ファーを着ることを許容しているところもあります。
の結婚式や披露宴に参列する場合、それほど露出に気を配る必要はありません。
背中が大きく開いたロングドレスや、ノースリーブのドレス、胸元が開いたドレスなどのイブニングドレスが正装と見なされます。新婦よりも目立ちすぎない、ということにはしっかりと気を配りましょう。

また、帽子を被ることはNGです。

お昼の結婚式や披露宴に参列する場合、服装のマナーとして気をつけていただきたいことは、肌の露出です。
ノースリーブのワンピースであっても、スカーフやショール、ボレロなどで肌を隠しましょう。

さらに、キラキラと光る素材や、透ける素材は避けましょう。

服装のマナーは足元まで!

33

マナーとしてはシンプルなパンプスです。

適度なヒールがあり、オープントゥでないものになります。
ローヒールの靴を履くならば、リボンがついているものや、素材などで華やかさを意識しましょう。

そして、素足はNGです。
時代によって結婚式の服装のマナーは変化します。
以前ならサンダルやミュールなどもNGでしたが、カジュアルな友人同士の披露宴などでは許容されるようになってきています。

結婚式に参列する場合に欠かせない服装のマナーですが、式や披露宴によって許容範囲も多少異なります。
結婚式における服装のマナーをしっかり認識し、「第一に新郎新婦のお二人を祝う!」という気持ちで、結婚式に
参列する際の服装を選びましょう!