訪問先で出された【お茶】どのように飲んでいますか?

Pocket

訪問先で出された【お茶】どのように飲んでいますか?

知人に家に招待された時や、仕事で相手を訪ねたときにお茶を出されることは多いですよね。
せっかく出していただいたのですからいただきたいのは山々ですが、どのタイミングでどのように飲めばいいのかは意外と悩むところです。

相手に失礼にならないようにお茶をいただくために、知っておいたほうがいいことはあるのでしょうか?

仕事の訪問先でお茶を出された場合

訪問先で出された【お茶】どのように飲んでいますか?

お茶を出された時は、仕事先であろうと知人宅であろうと「ありがとうございます」「いただきます」とお礼を述べるのは基本です。

仕事の訪問先でお茶を出された場合は、まずは一口だけ飲みましょう。
外回りをしてきて喉が渇いているからといって一気飲みするのは失礼です。
温かいお茶を出されたら温かいうちに、冷たいお茶を出されたら冷たいうちに一口飲むようにしましょう。
もしお茶にするかコーヒーにするか聞かれた場合は、上司や同行者と合わせて相手に負担がかからないようにする気配りも必要です。

面接でお茶を出された場合

訪問先で出された【お茶】どのように飲んでいますか?

面接でお茶を出された場合、飲んでいいのか迷うと思いますが、せっかく出していただいたのに口をつけないのは逆に失礼です。

「ありがとうございます。いただきます」とお礼を述べてから一口飲むようにしましょう。
ただし、面接が始まってからは飲まないようしてくださいね。
席を立つ際に「ごちそうさまでした」と一言付け加えるのも忘れずに。

個人のお宅でお茶を出された場合

訪問先で出された【お茶】どのように飲んでいますか?

親しい友人以外のお宅を訪問してお茶を出された場合も、基本的には仕事の訪問先と同じです。
口をつけるのは相手に勧められてからがいいでしょう。

お茶を出されたときにふたがついていたら、ふたは裏返しにして茶たくのふちに立てかけます。
湯のみを利き手で持って逆の手を添え、音を立てずにいただきましょう。
コーヒーや紅茶を出された場合、移動させるときは利き手でカップを、逆の手でソーサーを持って引き寄せます。

高いテーブルの場合はカップを持って飲み、ローテーブルの場合はカップと一緒にソーサーも持って飲むようにしましょう。
出されたお茶菓子は残さず食べるようにしたほうが失礼になりません。
また、女性はグラスやカップに口紅がついたら拭き取るようにしましょう。

お茶を出された場合、飲むタイミングを見計らっているうちに時間が過ぎてしまい、結局口をつけずに退室することになることもあると思いますが、それは逆に失礼にあたります。
お茶を出す方は、「美味しいお茶を飲んでほしい」と思って淹れてくださっているので、ベストなタイミングでいただくようにするべきです。

遠慮して飲まないほうがマイナスな印象を与えてしまいますので気をつけてくださいね。
「ありがとうございます」や「ごちそうさまでした」と感謝の気持ちを伝えるのも忘れずに。