特徴を知るだけで何倍も楽しめる! 奥深い「紅茶」の世界

Pocket

特徴を知るだけで何倍も楽しめる! 奥深い「紅茶」の世界

お茶の種類は発酵の度合いで変わっていきますが、完全に発酵させることで生まれるのが「紅茶」です。
紅茶は数多く流通していて手軽に飲むことができますが、非常に奥が深い世界でもあります。
紅茶によって味の違いがあるのはもちろんのこと、同じ種類の紅茶でも茶葉の大きさや種類によって味の出方が違ってきます。

今回は、紅茶をより楽しむために知っておきたい、グレードや種類、特徴などについてご紹介します。

「グレード」とは

特徴を知るだけで何倍も楽しめる! 奥深い「紅茶」の世界

紅茶の「グレード」は品質だけではなく、茶葉のサイズや形、入っている茶葉を頭文字で記したものです。
これを見ることで自分好みの紅茶を選ぶことができます。

・OP:オレンジペコと呼ばれ、茶葉の中で最も大きいもので基本となるサイズです。
・BOP:オレンジペコにBrokenのBが追加され、オレンジペコを小さく切ったものです。
・D:Dust(ダスト)は最も細かくなった茶葉で、抽出も短時間で行うことができます。

上記は大きさを表すものでしたが、他にも新芽(Flowery)や芯芽が多かったり(Tippy)、チップは乾燥の過程でゴールデン(Golden)になることがあります。
これらの含み具合によってもグレードがあり、上質なものには(Fine)を付けるなど品質を表すものもあります。

・FOP:オレンジペコよりも少し小さめでかつ、新芽などが入ってるのが特徴です。
・FTGFOP:フラワリー・オレンジペコの中でも上質でチップの割合が多いだけではなく、ほぼゴールデンチップであるものを表しています。

「世界三大紅茶」とは

特徴を知るだけで何倍も楽しめる! 奥深い「紅茶」の世界

数多くある紅茶の中で、ダージリン、ウバ、キームンは世界三大紅茶と呼ばれます。
それぞれの特徴を紹介していきます。

・ダージリン
インドのダージリン地方が原産の紅茶です。
ダージリンティの良さは果実のような香り
このため、ストレートで飲むのに適しています。
また、渋みもダージリンの魅力の一つ。
あっさりめが良ければ短めに抽出し、渋みを楽しむ場合は長めに抽出して好みの渋みを楽しむのが良いでしょう。
春、夏、秋と収穫時期があり、それぞれに異なる趣で楽しませてくれます。

・ウバ
スリランカ南東部にある標高の高い地帯で生産されています。
薔薇に近い香りがありストレートで飲むのも良いですが、ミルクティーにして飲むと良いとされています。
ウバaはストレートで入れた際にカップと紅茶の境目に「ゴールデンリング」と呼ばれる金色の輪ができることがあり、これも楽しみの一つです。

・キームン
上海の西部にあるキームンで生産されている紅茶です。
蘭の花に似た香りと、渋みがなく飲みやすい味が特徴です。
ストレートで飲むの良いですし、ミルクティーにして飲むのも良いとされています。

三大紅茶以外の紅茶にもいろいろとあって、「東インドのアッザムはコクがあるので、ミルクティーにすると美味しい」「スリランカのティンブラは組み合わせ自由で飲むことができる」などやはり種類によってさまざまな特徴があります。

わたしたちの暮らしに身近な存在の紅茶ですが、奥深い世界が広がっていることを感じていただけましたでしょうか。
今度紅茶を買う時には、種類や特徴などにぜひ注目してみてくださいね。