ちゃんと知っておきたいアフタヌーンティーのマナー

Pocket

女子会におすすめ! パーティで盛り上がれるプチゲーム
アフタヌーンティーとは、もともとイギリス貴族の社交として広まったものです。
しきたりやマナーがたくさんある一方で、現代では気軽に楽めるものも増えています。

しかし、同席した人や他のお客さんに迷惑をかからないようにするため、最低限のマナーは身につけておきたいものです。
今回は、アフタヌーンティーのマナーについて紹介します。

席の座り方のマナー

女子会におすすめ! パーティで盛り上がれるプチゲーム

主催者に「どうぞ」と言われたら、案内されたその場所にそのまま素直に座ります。
上席で自分にはふさわしくないと感じても、他の人にゆずってはいけません。
主催者は事前に座る位置を決めているので、勧められた席を断るのは大変失礼なことです。

食事メニューは1種類に絞らず、様々なタイプの物を用意すると良いでしょう。
自分で好きなようにアレンジできる料理を保険として準備しておくのもお勧めです。

紅茶のマナー

まず、紅茶を注ぐときはフタを押さえずに片手でポットを持ち、もう一方の手で茶こしを添えてカップに注ぎます。
フタを押さえて注いではいけません。

ティースプーンは手前に置くとカップを持つ際に落ちることがあるので、カップの奥に置きます。
飲み方はローテ-ブルの場合はソーサーごと持ち上げ、ハイテーブルの場合はカップを持ち上げて飲みます。
カップを持った小指は立てず、ハンドルに人差し指を入れて親指と中指で支えます。
紅茶が熱い場合でも、息を吹きかけて冷ましてはいけません。
また、会話をしている場合でも飲む時は目をカップより下に向け、カップに口をつけたまま人と目線を合わすことはしてはいけません。

ティーフーズのマナー

一般的にティーフーズは三段式のスタンドに配膳されており、下段にサンドイッチ、中段にケーキ、上段にスコーンが置かれています。
食べる順番は、サンドイッチ→スコーン→ケーキとなっており、全員が食べ終わるまでは次のお皿には手をつけてはいけません。

また、ティーフーズはそれぞれ食べ方についてもルールがあります。
サンドイッチはスタンドから直接とって食べるのではなく、一度お皿に取ってから食べましょう。
面倒くさがって一度に何個も取ることはしてはいけません。
一口大のサイズであればそのまま食べてもいいですが、サイズが大きい場合はかじらずにナイフとフォークを使って食べましょう。

スコーンはナイフとフォーク、または手で割って食べます。
細かく切ったり丸ごと食べたりしてはいけません。
クリームとジャムは備え付けのスプーンで自分の皿にとり、一口分ずつ塗って食べます。

ケーキは三角形のものは尖っている方から一口ずつ切って食べましょう。
ミルフィーユは崩れやすいので、横に倒しても問題はありません。
シュークリームはかじって食べるのはあまりスマートではないので、最初に半分に切ってから、端から食べやすい大きさに切って食べます。

女子会におすすめ! パーティで盛り上がれるプチゲーム

このように一つ一つの所作にも細かな決まりがあるので、慣れないうちは苦労するでしょう。
ただ、これらのマナーをきちんと守ることができればあなたの評価も上がるかもしれませんね。

それでは、優雅なティータイムをお過ごしください。