ちゃんとできてる? 正しい箸の使い方とマナー

Pocket

ちゃんとできてる? 正しい箸の使い方とマナー
日本で生活していれば、箸を使ってお食事をすることがとても多いですよね。
和食のみならず中華料理でも麺類でも、たいていのものは箸を使って食べますよね。

でもこの箸の使い方、意外ときちんとできていない方が多いのです。
子どもだけでなく大人であっても、箸の基本的なマナーを知らない方が少なからずいらっしゃいます。

そこで今回は、正しい箸の使い方やマナーについてお伝えしたいと思います。

基本の持ち方と使い方

まずは箸の基本的な持ち方と使い方です。
箸を持つ位置は、上から3分の1くらいのところを目安にしましょう。

この位置に箸を持つ方の手の親指の付け根がくるようにして、薬指に軽く箸を乗せます。
そして、箸は親指と人差し指、中指を使って上の箸だけを動かします。
このとき、下の箸は動かさないよう注意しましょう。

使うのは箸先3センチまで

ちゃんとできてる? 正しい箸の使い方とマナー
箸を使うときに知っておきたいのは、箸先をどこまで使うか、すなわち汚しても良い部分についてです。

これについては、昔から「箸先5分、長くて1寸」と言われています。5分というのは約1.5センチ、1寸は約3センチです。
つまり、箸先の3センチまでを使って食べるのが良いとされているというわけです。

意識していないと、たとえばお味噌汁などを飲むときには簡単に3センチ以上汚れてしまいます。
日頃から「箸先3センチ」を意識して訓練することで、美しく箸が使えるようになりますよ。

割り箸は上下に割る

外食だとよく割り箸が出てくることがあります。
実は、この割り箸の割り方にも正しいマナーがあります。
それは、ひざの上で上下に割ることです。

意識しないと左右の方向に割ってしまいがちですが、これは誤りですのでやめましょう。

箸を休ませるときは必ず箸置きを使う

食事中、箸休めとして少し箸を置くことがあるでしょう。
このようなとき、ついつい箸をお皿やお椀の上に置いたり、
テーブルの上に直接置いたりしていませんか?

しかしこれらはマナーとしては間違っています。
特に外食する際などは、ほぼ必ず箸置きが一緒に出てきているはずです。
箸を休めるときは、必ず箸置きの上に置いて休めるようにしましょう。

してはいけないNGな箸の持ち方・使い方

最後に、「こんな持ち方・使い方はダメ!」という、間違った箸の使い方をご紹介します。

まずは握り箸です。たまに大人の方でもこのような持ち方になっている方がいるので気をつけましょう。
次に人差し指や中指を使わない持ち方です。これらはそれぞれ人差し箸やペン箸と言われます。
どちらも箸の持ち方としては誤っています。

さらに、箸をお料理に突き刺す「刺し箸」や、器の上で箸を動かして料理を迷う「迷い箸」、箸で器を引き寄せる「寄せ箸」などもありがちですがすべてマナー違反なので気をつけて!

以上、正しい箸の持ち方使い方を特集しました。
箸のマナーを守ると美しく食事ができるようになります。
人前で食事をするのも、より楽しくなりそうですね。