大人の女性のメイクマナー弔事の際は“片化粧”で

Pocket

大人の女性のメイクマナー弔事の際は“片化粧”で
ファンデーションを塗ったり口紅をつけたりと、日頃のメイクは大人の女性としてのマナーの1つです。トレンドのメイクや新発売の化粧品は、欠かさずチェックしているという方も多いでしょう。しかし、大人の女性である以上、メイクは華やかさだけを重視するのではなくTPOに合わせることも大切です。
とくにお葬式やお通夜などの弔事では、普段のメイクはNG。“片化粧”という質素なメイクが必須になります。大人の女性として、片化粧について学んでおきましょう。

弔事の際の“片化粧”とはどんなメイク方法なの? 

お葬式やお通夜などの弔事がある場合には、服装や髪型などにマナーがあるようにメイク方法にもマナーがあります。それが“片化粧”と呼ばれるものですが、これは派手な色を使わずに薄く質素に仕上げたメイクのこと。ピンクやラメなどの華やかな色味を避け、ナチュラルながらも上品に見せることが片化粧の基本となります。
また、派手な見た目にならないように口紅を控えるのが片化粧の基本となっていますが、口紅を控えると顔色が悪く見えたり手抜きのような印象を与えかねないため、ナチュラルなものなら使用OKとされています。

大人の必須スキル“片化粧”をポイント別にマスターしよう

・ベースメイクはマットに仕上げて
近頃ではツヤ感を重視したヌード肌がトレンドになっていますが、片化粧ではNGです。
化粧下地はテカリを抑えるものを使用し、クマや毛穴などの肌トラブルが薄くカバーできる程度にファンデーションを塗りましょう。ツヤをおさえるためにも、仕上げにマットな質感のパウダーをはたくのがおすすめです。

・チークやハイライトは基本不要
顔にメリハリをつけたり血色感をアップさせるためのチークやハイライトは、片化粧でははぶくのが一般的です。どうしてもつけたいという場合には、ラメやパールの入っていないアイテムを選び、ベージュなどのカラーを頬にうっすらと入れましょう。頬骨に沿ってななめに入れるとスマートに見せることができます。

・太すぎ細すぎNG! ナチュラル眉を心掛けて
片化粧でもアイブロウは必須のメイクポイントです。しかし、あまりに太すぎたり細すぎると不自然になってしまうため、自眉毛に少しラインを足す程度でOKです。
また、眉マスカラで色味をプラスしたり、眉山をしっかりと描いてしまうと華やかな印象になってしまうため控えましょう。

・アイメイクは使用アイテムに注目を
アイメイクの基本といえば、アイシャドウやアイライン、マスカラの3つですが、アイシャドウをつけると華やかな印象になるため使用を控えましょう。
アイラインはまつげの間を埋める程度に細く控えめに引き、マスカラは一度塗りでサッと仕上げるのがポイントです。また、お葬式やお通夜で涙を流すことも考えられるため、ウォータープルーフのものを使用しておくと安心です。

大人の女性のメイクマナー弔事の際は“片化粧”で

弔事にはあえてノーメイクで参列するという方もいるかもしれませんが、実はこれはマナー違反に当たるという声もあります。
社会に出ている大人の女性である以上、人と会ったり外出する場合には、そのときの場所や状況に合わせたメイクをするのが正しいマナーであるといえるようです。
弔事はいつ訪れるかは分かりません。いざというときにきちんと対応ができるよう、片化粧をきちんと修得しておきましょうね。