【トレンドを押さえてキュートに】夏のオフィスに合うメイクのルール

Pocket

【トレンドを押さえてキュートに】夏のオフィスに合うメイクのルール
夏場は、湿度の高さや汗、皮脂などでメイクが崩れやすい季節。
朝どれだけバッチリとメイクを決めても、休憩時間やふとした瞬間に鏡を見るとドロッとメイクが崩れていたという経験がある女性も多いことでしょう。
夏場のオフィスメイクは、メイク直しを考慮しつつも女性らしく纏めるのがポイント。
今回は、夏のオフィスメイクを紹介します。

悪化は厳禁! メイク崩れを防ぐ肌ケア方法

夏は、きちんとベースメイクをしてもすぐにテカリやメイク崩れが起きてしまいがち。
暑い日の肌は、気温や紫外線による乾燥を防ぐために、毛穴からどんどん皮脂を分泌してしまいます。逆に言えば、皮脂の分泌によるメイク崩れを食い止めたいなら、肌の乾燥を防ぐことが肝心なのです。
朝メイクをするときには、肌に化粧水や美容液をしっかりと浸透させ、保湿クリームで潤いを閉じ込めましょう。時間に余裕があればコットンパックなどの肌ケアをするのもオススメです。じっくりと保湿をしてからメイクをしていけば、メイクを一日中キープしやすくなりますよ。

夏でも崩れにくいメイクはどう作るの?

サラッとした肌付きのパウダーファンデーションは、商品にもよりますが実は乾燥にも弱いという特徴があります。
夏のメイクのベースには、パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションを使うのがオススメです。リキッドファンデーションは肌の上でのばすのではなく、指先やスポンジでポンポンと薄く乗せていくように塗るのがポイント。
たったこれだけで、薄付きでメイク直しもしやすく、この夏のトレンドでもある透明感のあるメイクがカンタンにできますよ。
あとは仕上げにパウダーファンデーションやルースパウダーをパフで軽くおさえるようにして乗せていけばOKです。
パウダーファンデーションは時間が経つと肌を乾燥させ、皮脂の分泌を促してしまうため、仕上げにサッと使うのみにとどめましょう。

オフィスに合うメイクのコツは?

オフィスでは濃い目のメイクではなく、ナチュラルな中に華やかさのある女性らしいメイクを心がけましょう。
バッチリすぎるアイラインや、ブルーやグリーンの色味が強いアイシャドウはメイク崩れも目立ちやすくなるので極力避けたほうが無難です。
アイホールにはブラウンやベージュ、薄ピンク系のアイシャドウを乗せ、ティッシュで軽く押さえて余分な粉をオフしておくのもポイントです。
アイラインはタレ目にするよりも、目尻からほんの少し上げるようにしたほうがキリっとした目元になり、キャリアウーマン風のアイメイクになるのでおすすめ。
また、チークは薄めのピンクやベージュを薄く乗せ、ヌーディな肌感を演出するのが今年のトレンドです。リップもチークと同系色のカラーで揃えると、顔全体に統一感が出て大人っぽい雰囲気を演出できますよ。

【トレンドを押さえてキュートに】夏のオフィスに合うメイクのルール
メイク方法はもちろんですが、メイク崩れを防ぐには保湿面にも目を向けることも大切。メイク前はしっかりと化粧水や乳液で肌を保湿して、乾燥しにくい環境を作りましょう。
夏の気候に負けない肌を作るためにも、メイク方法を見直してみてはいかがでしょうか?