SNS映えバツグン? 女子会で大人気の「屋形船」に関するマナー

Pocket

SNS映えバツグン? 女子会で大人気の「屋形船」に関するマナー

涼やかな雰囲気と豪華な料理がSNS映えすることから、女子会の会場として徐々に人気を集めている「屋形船」。

浴衣を身に着けて水上で美味しい料理に舌鼓を打ち、女子トークに花を咲かせる女性たちが多くなってきています。
そんな屋形船でのお食事会を優雅に終えるためには、マナーや注意点をあらかじめチェックしておくことが大切です。
今回は、女性が屋形船に乗る前に覚えておきたい情報をまとめてご紹介いたします。

乗船スタイルをチェック!

屋形船には、いくつかの乗船スタイルがあります。

主なスタイルは、10人~50人程度のグループで一つの船を利用する「貸し切り」、2~5人前後のグループが数組で一隻の船を利用する「乗り合い」、船上でのコンサートや落語を楽しむ「イベント型」の3つ。
自分が参加する食事会、乗る船はどのスタイルに当てはまるのかを、しっかりとチェックしておきましょう。

出航時間までに必ず集合すること!

屋形船は、あらかじめ出航する時間が決められています。
万が一船に乗り損ねても、料金は帰ってこないため遅刻は厳禁。
特に、乗り合いの場合は他のグループの方にも迷惑が掛かってしまうため、必ず出航時間の10~20分前には出航場所へ到着しておくよう心がけてください。

飲み過ぎ+船酔いに注意!

屋形船でお酒を飲む場合は、飲み過ぎに気を付けるのはもちろんのこと、船の揺れによる酔いにも注意しなければなりません。
狭い船内で酔っ払って騒げば、別のグループの方にも迷惑を掛けてしまいます。

また、逃げ場のない船内で見ず知らずの人が酔い潰れて体調を崩せば、せっかくの宴も台無しですよね。
普段から乗り物に酔いやすい人は、あらかじめ酔い止めを飲んでおくなどの対策を行ってから食事とお酒を楽しむようにしましょう。

席を立つときは揺れに備えて!

航行するルートや船の大きさにもよりますが、風が強い日や、別の船とすれ違う際には、船が大きく揺れることもあります。
船の上で立ち上がったり移動したりする際は、とっさのときにもすぐ対処できるよう、気を張っておきましょう。

また、風が強い日に船上に吹く風は意外と冷たいため、ストールなどの羽織り物を持っておくと重宝しますよ。

席を立つときは揺れに備えて!

いかがでしたか?
これまで屋形船での宴会には縁がなかったという方も、女子人気が高まった今、もしかすると屋形船での女子会に参加する機会が訪れるかもしれません。
周りのお客さんや女子会仲間に迷惑をかけてしまうことのないよう、あらかじめしっかりとマナーと注意点をチェックし、大人の振る舞いができるよう準備しておきましょう。