「嫌い箸」の種類と覚えておきたい正しい箸のマナー

Pocket

「嫌い箸」の種類と覚えておきたい正しい箸のマナー
日本人の食事シーンに欠かせない「箸」。日常的に使用するものだからこそ、箸の扱い方を意識することは少ないですが、気が付かないうちに「嫌い箸」と言われるマナーの悪い箸の使い方をしているかもしれません。
会食やパーティーなどのシーンで嫌い箸をしてしまうと、マナーや教養の無い人だと思われてしまうことも……。正しい姿で気持ちよく食事を楽しむためにも、嫌い箸の種類を確認しておきましょう。

知っておきたい「嫌い箸」の種類

一度身についたクセや習慣は自分では気が付きにくいもの。とくに、箸の扱い方は自分自身で意識する機会が少ないため、知らず知らずのうちにマナー違反をしていることも多いです。一般的な嫌い箸の種類やマナーをチェックしましょう。

1.刺し箸(突き箸)
箸で食べ物をグサッと突き刺して食べることを、「刺し箸」または「突き箸」といいます。
ツルツルと滑りやすい食材や、つかみにくい食べ物に対してついついやってしまいますが、きちんと挟むことを心掛けましょう。

2.差し箸
刺し箸と勘違いしやすいですが、人に箸を向けて指す仕草をする「差し箸」もマナー違反の1つです。人に向かって指を指すのがNGとされるように、箸を使って指すのももちろんNG。食事しながらの会話中などには気をつけましょう。

3.寄せ箸
「寄せ箸」は、箸を使ってお皿を手元に引き寄せる行為です。効率よくお皿を引き寄せることができるため寄せ箸もついやりがちですが、これを見ている相手はやはりいい気持ちがしないでしょう。お皿を引き寄せたいときには一度箸を置き、手を使うことが大切です。

4.ねぶり箸
箸をペロペロと舐めて使う行為を、「ねぶり箸」といいます。行儀が悪く見える上に、不潔な印象を与えてしまうこともあるため要注意です。

5.迷い箸(惑い箸)
たくさんのおかずが並んでいると、「どれを食べようか」と悩んでしまいますが、箸を使って探ることを「迷い箸」または「惑い箸」といいます。必要以上に箸を振り回すことがマナー違反である上に、周囲に不快感を与えるため控えましょう。

6.探り箸
お椀や皿の中を箸でかき回し、好みの具を探る「探り箸」も嫌い箸の1つです。
自分の皿でやることももちろんNGですが、大勢で共有する大皿料理で探り箸をしてしまうと、周囲の人に嫌な印象を与えてしまいます。

7.渡し箸
箸置きを使わず、お椀や皿の上に箸を置く「渡し箸」ももちろんNG。箸を使わないときには、必ず箸置きを使いましょう。
また、食べ物を箸から箸へと挟んで渡す行為も渡し箸と呼び、マナー違反になります。

8.叩き箸
まだ幼い子どもがやりがちな嫌い箸が「叩き箸」。食事中であるにも関わらず、箸でお皿をチンチンと鳴らす行為は、気持ちのいいものではありません。まだ幼い子どもであっても、マナー違反にあたることを説明し、控えさせましょう。

9.込み箸(掻き箸・押し込み箸)
口に食べ物をいっぱいにかきこんで頬張るのは、「込み箸」や「掻き箸」「押し込み箸」といって、嫌い箸にあたります。空腹時やおいしい料理を目の前にすると、つい口いっぱいに食べ物をかきこみたくなりますが、ゆっくりと優雅に食事することを心掛けましょう。

10.立て箸(仏箸)
ご飯の上にお箸を突き刺して立てる「立て箸」は絶対に避けましょう。
亡くなった方にお供えするご飯に箸を立てる風習があるため、普段の食事で立て箸をするのは常識のない行為です。

「嫌い箸」の種類と覚えておきたい正しい箸のマナー

「1人での食事だからいいや」とマナーの悪い箸の使い方をしていると、他人との食事シーンでもいつものクセで嫌い箸が出てしまいます。
普段から箸の使い方には注意をして、正しい姿で食事を楽しみましょう。